おかやま緑のネットワークーおかやま木の家推進研究会は岡山の木の使用普及をはかり、木を生かした快適で良質な住宅の実現、森林環境の保全や地域温暖化防止に寄与することをめざした、林業・市場・製材・材木店・工務店・建築家・団体・研究者の会です。林野庁の平成22年度住宅分野への地域材供給シェア拡大総合対策事業―地域材を生かした地域型住宅づくり に応募し、本事業であるー「みまさか桧の構造材による次世代型岡山の家」

次世代型「岡山の家」


地域材の「みまさか桧」を無駄なく有効に活用し、地域のネットワークで建てる住宅は、次世代に住み継がれることで、まちの景観や環境に貢献できます。私たちはこの岡山スタイルを提案します。

「おかやま木の家推進研究会」では、林野庁の平成22年度住宅分野への地域材供給シェア拡大総合対策事業―地域材を生かした地域型住宅づくり に応募し、本事業であるー「みまさか桧の構造材による次世代型岡山の家」が採用され、岡山にふさわしい地域型住宅の企画・提案・モデル住宅の設計を当社も参画し、東京での発表会では高い評価を受けました。

この住宅では
1 みまさか桧の構造材と県産材を使います
2 高強度接合金物を使い、耐震性が高く次世代も暮らせる住宅を創ります
3 岡山の気候や風土に合い地域の人と創ります


特徴として
高強度接合金物を採用することにより、住宅の耐力壁(筋交いなどの入る壁)は住宅の外壁周りに設けることで強い住宅が実現できます。
住宅の内部は少ない構造柱で成り立ち、将来生活スタイルの変化にも対応できるリフォームがしやすくなります。


使用する高強度接合金物は次世代型接合金物(KES)構法
http://www.shelter-inc.net/build/kesSystem/index.html
本事業の住宅は、金物で実績のある山形の㈱シェルターさんと提携しています。
http://www.shelter-inc.net/index.html
みまさか桧の構造材による次世代型岡山の家のパンフレットはこちら

 岡山県でも戦後植林した桧・杉が豊富にあり伐採時期に来ており、美作地域を中心にして良質な木材を製品化し「美作材」(みまさかざい)として全国に知られています。


 みまさか桧の需要拡大をめざして、おかやま木の家推進研究会 所属会員が平成22年度森林整備加速化・森林再生事業(地域材利用開発)の補助により、みまさか桧材(岡山県内JAS製材) 柱・土台120×120、梁桁120×120、120×180の柱・横架材による仕口金物を㈱シェルター性能認定金物として本年認定を取得しオープン化を予定しています。

「みまさか桧の構造材による次世代型岡山の家」では、この認定予定の仕口金物を使用して、「みまさか桧」を柱・梁桁材として構造フレームに使うことをコンセプトに、「岡山にふさわしい住宅」「県産材の活用」「新しい接合金物による丈夫で長持ちする住宅」「スケルトン・インフィル方式の採用による間取りの可変性ある住宅」「長期優良住宅」「準耐火・耐火・準防火・防火地域に対応した住宅」などの特徴を持ち、次世代に引き継がれることが可能な木造住宅が実現でき、岡山の森林保全に寄与できます。


外観イメージ
 外観は岡山の景観を形づくる、漆喰の白塗り壁と黒の焼杉板を貼った家。
漆喰は岡山産の石灰からつくった「岡山漆喰」焼杉板は岡山の職人さんが手焼きした「本焼き杉板」を採用。南面は深い軒により夏の日を遮るとともに、アウトドアリビングになる縁(ウッドデッキ)を設けています。


内観イメージ
 内部の仕上材も地域の素材で健康的な住宅とする。
床は岡山産の桧や松のフローリング貼、天井や壁の一部も岡山産の杉板貼。
壁は岡山県北の蒜山(ひるせん)の地下から産出する「珪藻土」から製造した岡山珪藻土塗、内部塗装はポイントに柿渋を塗ります。

「みまさか桧の構造材による次世代型岡山の家」はモデル住宅の設計を行い、建設費も試算しました。

 

<2タイプのモデル住宅の間取り挿入>
木造2階建て
1階床面積 67.07㎡ 2階床面積 44.71㎡
延床面積 111.78㎡ (33.80坪)
参考価格 2200万円
 

約60万円/坪から実現できます
ご希望の住宅に自由に設計できます


おかやま木の家推進研究会
おかやま緑のネットワークでは、「みまさか桧の構造材による次世代型岡山の家」を実現できる 設計者、建設会社、製材所、材木店をご紹介します。


お問い合わせは、下記担当者までご連絡ください。

(有)ケイ・エフ設計 藤田 佳篤 〒700-0985 

岡山市北区厚生町2-13-8 TEL:086-231-2377

 

(有)宇川建築計画事務所 宇川 民夫 〒700-0942

岡山市南区豊成3-17-24 TEL:086-265-9333

 

おかやま木の家推進研究会

おかやま緑のネットワーク事務局:NPO法人 まちづくり推進機構岡山内
〒700-0813 岡山市北区石関町2-1
TEL086-803-3361 FAX086-803-3362
http://www.okayama-green.net E-mail:katoku@mx9.tiki.ne.jp

完成した住宅

設計者:㈲KF設計


次世代型 岡山の家 パンフレット
20120823161506.pdf
PDFファイル 531.1 KB

 

岡山の木を活かして住宅を新築したい、リフォームしたいなどのご希望のある方は信頼と実績のある「おかやま緑のネットワーク」会員の設計士、工務店、木材業者にお問い合わせください。

 

お問い合わせ

「おかやま緑のネットワーク」

おかやま木の家推進研究会は、おかやまの木の使用普及をはかり、木を生かした快適で良質な住宅の実現をめざしています。

また岡山の森林環境の保全や地球温暖化防止に寄与することを目的としています。

研究会では、こうした活動に関心のある県民の方や研究者や団体と、おかやまの木を育て、作り、流通し、販売し、設計し、工事する方々の入会基準を設け、消費者の方が安心・相談できるネットワークをめざしています。

 

お問い合わせ先

おかやま緑のネットワーク(おかやま木の家推進研究会)

事務局:㈲K・F設計内  藤田佳篤

 〒700-0985 岡山市北区厚生町2-13-8

 電話:086-231-2377 FAX:086-231-2682

 ホームページ:http://www.okayama-green-net.com/

E-mail:katoku@mx9.tiki.ne.jp